ポケトークS法人・個人利用の違いは?使い方も動画でチェック

自動翻訳機(音声翻訳機)の中では圧倒的シェアを誇るポケトーク。最新機種のポケトークSについて、法人利用(業務利用・商用利用)する場合と個人利用する場合とで何か違いはあるのでしょうか。ポケトーク公式サイトをパッと眺めるだけでは分かりにくいなと思ったので、調べてみました。

>>ポケトークS公式サイトはコチラ

自動翻訳機ポケトークSの主な特徴

下の動画はポケトークSの紹介動画です。

この動画でも主にカメラ翻訳機能や英会話レッスン機能について紹介されています。

 

ポケトークSの主な特徴

  • 対話のために設計された双方向の通訳機
  • 端末ではなくクラウド上のエンジンでの翻訳のため、翻訳精度が高い
  • 74言語(音声&テキスト:55言語、テキストのみ:19言語)を組み合わせ自由で翻訳可能
  • 133の国や地域ですぐ使える(契約不要)
  • カメラ翻訳や英会話レッスン機能などが新たに追加

 

ポケトークSを法人利用(業務利用・商用利用)する時の注意点

ポケトークシリーズは法人利用(業務利用・商用利用)については、かつてはレンタルしかできませんでしたが、製品の購入も可能になりました(2019年11月15日現在)。

 

法人用に購入する場合はポケトーク公式サイト内の法人向けの販売ページで購入できるようになりました。

法人利用でレンタルをする場合は、まずはポケトーク公式サイト内の問い合わせフォームか、その他販売店において問い合わせをする必要があります。

 

見積の発行、ボリュームディスカウント、請求書払いの可否についても、ポケトーク公式サイトには明確な記載がありません。

これらの事項についても、必要があれば問い合わせにて確認することになります。

 

ポケトークSを購入する場合の税抜価格

ポケトークSを購入する場合の価格について調べてみました。

法人利用(業務利用・商用利用)の場合は、かつては個人用より使用頻度が高いということで、料金設定が高くなっていました。

しかし、ポケトークSが新たに発売されてからは、購入に関しては個人用とは違いがなくなりました。

 

ポケトークSの購入価格は、

  • 29,800円/台 (グローバル通信2年付き)
  • 24,800円/台 (グローバル通信なし、Wi-fi環境が必要)

となっています。

グローバル通信付きモデルについては、カラーはホワイト、ブラック、ゴールド、レッドの4色があります。

グローバル通信なしモデルについては、カラーはホワイトに限定されています。

 

※今後も料金設定が変更される可能性があるので、随時ポケトーク公式サイトで価格を確認されることをおすすめします。

 

ポケトークSをレンタル利用する場合の税抜価格

ポケトーク公式サイトで書かれている、レンタル利用する場合の税抜価格は以下の通りです。

かつてはグローバル通信なしモデルのレンタルもありましたが、2019年11月15日現在ではグローバル通信付きモデルのレンタルのみとなりました。

 

ポケトークSシリーズは、ポケトークの最新機種です。

POCKETALK Sのモデル レンタルの場合(税抜・参考価格)
POCKETALK S(グローバル通信付き、SIM有効期限なし) 月額 2,000円 / 台(1年契約の場合)

 

1年契約の場合以外の契約については、月額料金は記載されていないので、公式サイトのお問い合わせフォームで確認する必要があります。

レンタルの対象は、ポケトークW本体+充電用USBケーブルとなっています。

ケース・ストラップといったアクセサリ類は別売りとなっているので、ご注意ください。

 

ポケトークSの法人利用は購入とレンタルどちらにすべき?

価格だけを比較してみると、レンタル価格の大体13カ月~15カ月分が購入価格となっています。

ポケトークSを1年3カ月以上使用する場合は、価格面では購入する方がお得です。

 

ただ、購入でグローバル通信付きのモデルを購入した場合、2年で有効期間延長の手続をする必要があるので、台数が多い場合は手間かもしれません。

レンタルの場合は、SIMの有効期限がないので、延長手続をする必要がなく手間が省けます。

 

価格と、有効期間延長の手続をする手間の要素を考慮して、購入とレンタルのどちらにするか選ぶことになりそうです。

場合によっては、グローバル通信なしモデルの購入を検討する必要がありそうです。

>>ポケトークS公式サイトはコチラ

 

法人・業務利用に伴うお問い合わせ方法

法人利用には、レンタルの場合、ポケトーク公式サイトのお問い合わせフォームから、お問い合わせをすることが必要とされています。

お問い合わせフォームは、

  • 会社名
  • 部署名
  • 担当者名
  • 会社住所
  • 会社URL
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 問い合わせ内容

が必須記載事項となっています。

 

その他購入やレンタルに際し、判断に迷うことがあれば、トラブル防止のため事前に問い合わせておくことをおすすめします。

場合によっては、代理店を紹介することもあるようです。

 

出張などで短期の利用ならレンタル会社からレンタルする方法も

出張や短期の利用については、レンタル会社からのレンタルが利用できます。

こちらについては各サイトの詳細を見る限り、法人・個人の違いはないようです。

ただ、法人向けに請求書払いが対応可能というレンタル会社もあります。

 

ポケトーク公式サイトで紹介されているのは、下記の5社でした。

短期使用の場合は、こちらを利用する方が安くなる可能性があります。

  • イモトのWi-Fi(エクスコムグローバル株式会社)
  • グローバルモバイル(株式会社グローバルモバイル)
  • グローバルWi-Fi(株式会社ビジョン)
  • TSUTAYA(株式会社TSUTAYA)
  • PUPURU(株式会社ププルインターナショナル)

 

ポケトークSの法人利用(業務利用・商用利用)のまとめ

ポケトークSは対応言語も多く、スマホ感覚で操作できるというのが魅力ですね。

購入が良いか、レンタルが良いかは、法人で利用するか個人で利用するか、使用期間などの条件によって変わってきます。

利用規約に触れないかどうか不安な場合は、事前に公式サイトに問い合わせてみることが、間違いがなく安心です。

>>ポケトークS公式サイトはコチラ

 

FOD1ヶ月無料登録!動画視聴はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です