進撃の巨人50話(3期13話)「はじまりの街」ネタバレ感想

進撃の巨人Season3後半が2019年4月28日から放送されます。

Season3後半は、50話(3期の13話)「はじまりの街」から始まります。

 

原作漫画だと18巻の第73話に相当する部分です。

この記事では進撃の巨人アニメ50話(3期13話)のネタバレ感想を書いています。

最後に、進撃の巨人のテレビアニメを見逃してしまった場合の対処法について紹介しています。

4月28日のアニメ放送後に追記予定です。それまでは原作に基づく予想を書いています。

進撃の巨人Season3 50話(3期13話)「はじまりの街」のあらすじ

公式サイトでまだ公開されていないので、公開され次第追記します。

進撃の巨人Season3 50話(3期13話)「はじまりの街」のネタバレ

調査兵団は真夜中の森林を歩き、ウォール・マリアを目指します。

近距離に巨人がいるのを発見しますが、巨人はぐっすり寝ています。

ハンジによると、コニーとヒストリアが夜動く巨人に遭遇したのは、月明かりの夜だった。

だからその巨人らは夜でも動くことができたという仮説が立てられています。

巨人を見て震えが止まらないエレン

ぐっすり寝ているとはいえ、不意に巨人を見たエレンは急に怖くなり体の震えが止まらなくなります。

それをみて心配するミカサとアルミン。

とっさにエレンは怖くて震えているのではなくて、寒いんだと否定。

アルミンも震えが止まらない様子

アルミンは(怖くて)ずっと震えが止まらないと言います。

普通はみな巨人が怖い。

アルミンは初めて巨人と対峙した時、全く動けなかった。

でもエレンはアルミンを巨人の口の中から助け出してくれた。

そんなことができるエレンはアルミンの身代わりになるなんて、あってはならなかったとアルミンは言います。

エレンが巨人を前にしても行動できる理由

エレンがアルミンの身代わりになった当時、エレンはアルミンが自分に本を見せた時のことを思い出していたのでした。

アルミンがエレンに楽しそうに夢を話しているのをみて、初めてエレンは自身が不自由であることを知ったのです。

ずっと鳥かごの中で暮らしていることに気づいた時、許せないと思った。

自由を取り返すためなら、力が湧いてくる。

そのことを思い出したエレンは、体の震えがようやく止まります。

森林を抜けるとそこはエレン達の故郷

森林を抜け、エレン達の故郷が見えてきたところで、日が昇ります。

ここで巨人を警戒しつつ、作戦開始。

総員立体機動に移り、一気にウォール・マリアの壁に向かいます。

100人がフードで顔を隠して作戦実行

敵の目的はエレンを奪うこと。

当方の目的は、壁の修復及びシガンシナ地区内の「地下室」の調査。

これは敵も知っていること。

先に塞ぐ外門にエレンは現れるが、フードで顔を隠した総勢100名の兵士が同時に外門を目指す。

誰がエレンか分かった時点では、もう外門は塞がれているという作戦です。

故郷を見て一瞬立ち止まるエレン

壁の上からエレンは故郷を眺めると、一瞬立ち止まります。

しかしリヴァイから「止まるな!!外門を目指せ!!」と言われ、感慨にふける間もなく移動します。

一方、アルミンは壁の上で焚火の跡を見つけ、ベルトルトとライナーが近くにいると察します。

巨人が一匹も見当たらない

ハンジたちは穴の開いた壁を前にして、周りに巨人が全くいないと困惑している様子。

不審に思うも、支障なしということで作戦を続行します。

エレンが壁の穴に向かいますが、そこにはベルトルトとライナーの視線があります……。

エレンは作戦通り巨人化し、硬化能力で穴を塞ぎ、無事外門は終了。

それでも敵は現れず。

近くに敵が3人いる?

アルミンが焚き火の跡があった壁のすぐ下を調べると、地面に野営用具が一式散乱しているとのこと。

紅茶のようなものを飲んでおり、ポットは冷めきっていた様子。

そして注がれた跡のあるコップが3つ。

少なくとも3人が壁の上にいたことが判明。

敵は調査兵団の接近に備える時間があった?

調査兵団が馬と立体機動を駆使して、全速力で壁まで到達したことから、音や目視で確認できるのは2分前が限度。

しかし鉄製のポットが冷めているということは、5分以上前に何らかの方法で接近を知り、それに備える時間が敵にはあったということに。

敵の位置の特定が第一ということで、エルヴィン団長は兵士たちにアルミンの指示に従うように命じます。

兵士たちもアルミンも、困惑の表情を浮かべながらも、内門周辺の建物を調べることにします。

敵は思わぬ場所に?

敵は未だ見つかりませんが、長期戦では勝機が薄くなることから、内門を塞ぐ作戦は続行。

アルミンは敵を探さなければならないのに、まだ全く姿を現さないことに焦りを感じます。

ふと壁の方に目をやると、壁の中に埋もれている巨人が顔の一部を覗かせています。

それを見てひらめいたアルミン。

半信半疑で壁面を調査

兵士を集めて、壁の中を探すように指示します。

兵士たちに根拠を求められて、アルミンの出した答えは「勘」。

兵士たちは絶句するが、エルヴィン団長の牽制もあり、壁面を上部から入念に調査することになります。

しばらくすると、兵士の1人が「ここに空洞があるぞ!」と叫びます。

そこにはライナーが

次の瞬間、壁の中からライナーが出てきて、その兵士を突き刺します。

ライナーとアルミンが対峙する形に。

壁の上から一瞬で飛んできたリヴァイが、ライナーの首の後ろを突き刺し、続けて心臓の位置を突き刺します。

ライナーは壁の下に落ちますが、絶命せず巨人化。

巨人が次々と出現

それに合わせて獣の巨人とたくさんの巨人たちが出現します。

獣の巨人は岩を投げ、壁の扉を塞ぎ、調査兵団の退路を断ちます。

互いに望む人類と巨人の決戦。

ここに始まります。

進撃の巨人Season3 50話(3期13話)「はじまりの街」の感想

いくら活動しないとはいえ、夜中に巨人を見たらそれはもう怖いでしょうね。

至近距離じゃないといることに気付かないとか、それだけでホラーです。

1話で見た故郷がここで再び出てくると、エレンでなくても何だか感慨深くなってしまいますね。

 

ウォール・マリア奪還作戦は、当初から困難を極めるイメージがあったので、敵の姿もなくあっさり穴を塞いでいったのは、あっけなく感じる共に逆に不気味さを感じさせます。

野営用具を調べるアルミンが、某コナン君みたいに見えました(笑)。

オロオロしつつも正解にたどり着くアルミンはさすがです。

 

キレッキレのリヴァイの攻撃にもライナーは死せず。

首の後ろも心臓もやられてるのにまだ生きているとは、後はどうすればよいのでしょう!?

次回は激闘が予想されますね。

進撃の巨人Season3(3期)を見逃した場合の対処法

進撃の巨人3期をテレビで見逃しても、動画配信サービスの見逃し配信を利用すれば、進撃の巨人のアニメを後からいつでも好きな時間に視聴することができます。

おすすめは、進撃の巨人を1期からまとめて視聴することができて、しかも31日無料体験ができるU-NEXTです。

無料体験でもらえる600ポイントを利用すれば、進撃の巨人も漫画も1冊無料で読むことができます。

これだけお得なのに、無料体験中に解約しても料金はかかりません。

これはU-NEXT公式サイトでもはっきり書かれていることなので、安心してお試し利用することができます。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

進撃の巨人3期・1話(38話)~最終回の全話を無料視聴する方法!

2018年7月26日

まだ利用したことのない人は人生損していると思うので、この機会にぜひ無料体験をしてみてください。

進撃の巨人にとどまらず、2019年春アニメの見逃し配信を多数扱っているので、他のアニメもチェックしている人はさらにおすすめですよ!

FOD1ヶ月無料登録!動画視聴はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です