進撃の巨人の最終コマ・最終話の考察と意味!情熱大陸で画像ネタバレ

11月18日に放送された情熱大陸で、人気漫画『進撃の巨人』の最終コマが明らかになりました。

情熱大陸を見た視聴者からは『見せていいの!?』『最終話のネーム見たくなかった…』『考察が止まらない』と、まさかのネタバレに驚きの声があがっています。

この記事では、最終話の最終コマ画像とともに、終わり方の意味について考察していきたいと思います。

 

 

進撃の巨人の最終コマが情熱大陸でネタバレ!

11月18日に放送された情熱大陸では、進撃の巨人の著者である諫山創先生の着想現場に密着しました。

『(いいアイディアが浮かばなくて)つらい…。』と呟き苦悩しながらも、原稿に必死に向き合い続ける諫山先生の姿が映し出されました。

そして番組の最後の最後に、まさかの最終コマのネームが公開され、ファンからは『見せちゃっていいの…!?』と驚きの声が相次いでいます。

その驚きの画像がこちらです!

 

大人が小さな赤ん坊を抱きかかえながら『お前は自由だ…』と言っていますね。

この大人は一体誰なのか?そして誰の子を抱いているのか非常に気になりますが、この画像を見る限りでは特定はできません。

大人の方は体格が良いのでおそらく男性だと思います。そして長髪なのでグリシャかエレンのどちらか…と想像していますがどうでしょうね。

でもたとえ人物が判明したとしても、最終話のストーリーまでは予想できない範囲のネタバレだったので安心しました!

諫山創先生は番組内で、イメージであって多少変えるかもしれないとおっしゃてたので、変わる可能性はありそうです。あくまで現段階のコマ案ということですね。

 

進撃の巨人最終コマの意味を考察

それでは進撃の巨人の最終コマの意味について考察していきましょう~!

ネットではすでにさまざまな意見と考察が飛び交っていますね!

 

やはり、みな大人と赤ん坊が誰なのか気になる様子。

みんなの考察を参考にしつつ、最終的にたどり着いた2つの考察をご紹介します。

 

 

大人はグリシャで赤ん坊はエレン?

一つ考えられるのは、大人はグリシャで赤ん坊がエレンという説。

グリシャ・イエーガーは主人公エレンの実父であり、巨人と深くかかわりのある人物ですね。

妹をマーレ軍の犬に殺されるという壮絶な過去の持ち主で、その経験からエルディア復権派の仲間に加わります。しかし実の息子ジークに裏切られ、エルディア復権派はパラディ島へ『楽園送り』にされてしまいます。

仲間が薬の投与で無知性の巨人に変えれていく中、グリシャはエレン・クルーガー(フクロウ)が持っていた進撃の巨人を継承することで助かりました。

そんな何としてでもエルディア人の復権を果たしたいグリシャが、まだ幼い頃のエレンに向かって『お前は自由だ』と希望を含めて伝えているのかもしれません。

https://twitter.com/Ren38847436/status/1064283085859020800

 

グリシャが進撃の巨人を継承するときに、クルーガーに「お前が始めた物語だろ」と言われたのは、『物語はグリシャで終わる』という付箋なのかもしれないですね。

もしくは、エレンが自由な世界に生まれ変わったということもあるかも?

 

大人はエレンで赤ん坊はエレンの子?

もう一つ考えれるのは、大人はエレンで赤ん坊はエレンの子という説。

ユミルの呪いが全て解けて、エルディア人に真の自由がもたらされた時、エレンが自身の子に向かって『お前は自由だ…』と言って終わるのではないかという考察です。

巨人の力を子どもに継承せずに終わるハッピーエンドなので、個人的にはこっちが考察が好きですw

こうなるとエレンの相手はヒストリアなのか?ミカサなのか?という点が気になりますね。

 

進撃の巨人最終コマ・最終回の意味と考察まとめ

『グリシャとエレン』『エレンとエレンの子』という2つの考察をしてみました。

もしかしたら全く別の人物という可能性もありますが、なんとなくハッピーエンドになりそうな予感がするのでほっとしています^^

あらためて進撃の巨人のテーマは『自由』なのだと再認識した最終コマでした。

進撃の巨人ももう最終章かと思うと寂しいですが、終わるまでしっかり楽しんでいきたいですね♪

 

関連記事

進撃の巨人26巻を無料で丸ごと試し読み!ziprarは危険

2018年8月1日

 

 

 

FOD1ヶ月無料登録!動画視聴はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です